読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一看護師の脱東京サマリー

数年看護師してました。さきほど、勇気を出しました。結果、自由になりました。

転職 フリーター 結婚

大学時代、社会人、と長年近くで支えてくれた友達が、会いに来てくれました。 都内に住んでたときは、会えば仕事の愚痴を言い合い励ましてくれ。 打破できない現状に対しての不満は募るけど、何も行動にはうつさない。 そんなとき以来、会ったのは久しぶりで…

職場で変わる。ほんとに変わる。

きょう今の職場で初めて受け持ちがステった。前の職場で少なくない数のステルベン受け持ったのに、きょう初めて泣きました。ステルベンに泣くわたしを抱きしめてくれた師長と、リーダーにびっくりした。いっぱい教えてくれるのに、毎日、「全然かまってあげ…

会いたい。

本音を言っていいですか。 寂しくてたまらないです。 両親に会いたい。 すぐに会いに行ける距離にいるけど、心配させたくなくて、帰れない。 3ヶ月、めいいっぱい休ませてもらって、仕事始まっても2日あれば帰ってたわたしだから、いまはどんなに会いたくて…

新しい、門出。

振り返れば3カ月前、泣いて泣いて都内のあの病院をあとにした自分がいました。 毎日生きるのも嫌になるくらい、仕事に行くのが本当に辛かった。 具体的になにが辛かったか、言い出せばきりがないけど、でもいざ挙げると、かなり小さなことが、年月をかけて無…

自分の思いだけが、大正解。

休むことに罪悪感なんて必要ない。 周りの人と比べる必要もない。 自分がやりたいことをやる人生でいたい。 人間、いつどうなるかだれにもわからなくて、やりたいことを、いつできなくなるかもわからない。 本も書いてみたい。写真もたくさん撮りたいし、写…

あっという間ですね。

あっという間に、もう7月も中盤ですね。ほんとうに早い。 仕事を辞め、東京を離れ、税金や年金、保険の手続きをしていたらあっという間にもうこんな時期になりました。あらやだ。 久しぶりに会った友達に、 ゆっくり休み!!なんやったら今年度は休んで4月か…

宮古島オンナひとり旅 5

もう今日は帰るだけです。なんもしてません。 朝9時半、宮古空港着。 5日間お世話になったゲストハウスとヘルパーさんにお礼をして、宮古島をあとにします。 本当に充実していたな。 毎年宮古島に来たいと思えるくらい、本当に素敵なところでした。 相変わら…

宮古島オンナひとり旅 4

そして7月4日。今日です。 今日も本当は来間島行こうかと思いました。 (笑) どんなけハマってんねん、わたし。 昨日いろいろ連れて行ってくれた方が、 「俺は池間大橋が一番好き!海の透明度がやっぱり全然ちがう!」 と言っていました。 …そんなこと言わ…

宮古島オンナひとり旅 3

7月3日 シュノーケルにハマったわたしは、ゲストハウスのヘルパーさんに紹介してもらった方に、シュノーケルツアーに連れてってもらいました。 5000円。相場はもう少し高いんじゃないかな?七、八千円かと思います。今はちょうどhigh season。 いざ、伊良部…

宮古島オンナひとり旅 2

7月2日 6時に起きました。(笑)早い。 さて、いざ パイナガマビーチへ。 歩いて40分くらいかかりました。暑かった…。道路に水をかけてる人たちが何人かいました。早起きだなあ。 ビーサンで靴ずれし、早くも水ぶくれ。 素敵で綺麗な朝の海に、感動。 周りに…

宮古島オンナひとり旅 1

7月1日 「いってきまあす」 「行ってらっしゃい。気をつけてね」 久しぶりに玄関先まで母に見送られ、旅立った先は、宮古島でした。 本州は梅雨真っ盛りな今、宮古島は梅雨明けて本領発揮し出した真夏の天気予報で、ワクワクどきどきです。初めてのひとり旅…

ゆる生活中

看護師の仕事から離れて、3週間。 毎日毎日ゆるゆるで幸せです。こんなにゆるくて、もはやなにしてるの?ってかんじなのに、それでも飽きずにゆるゆるできるくらい、わたしは疲れていました。 (笑) 東京が悪かったんじゃないと思いたい。 ですが、少なから…

自分に同情するな。それは下劣な人間のやることだ。

ノルウェイの森で、永沢さんがワタナベに伝えた助言。 今のわたしには、深く刺さった一言でした。 今、というか、考えてみればこれまでの人生でもわたしは、自分に同情ばかりしてきた気がします。 そんな人は、たしかにそれ以上先へは進めない。 甘やかし同…

恋をしてしまいました。

こんな状況で。職場を辞め、地元へ戻るわたし。1週間ほど前、彼と出会うまでは、まさか恋なんてしてなくて、自分のことで精一杯で、もうなんなら男とかほんと興味ないしいらないから、代わりにわたしの境遇をもう少しマシにしてとばかり祈っていました。恋に…

どうして謝っているんだろう。

先日、退職届を職場に提出してきました。看護部長と最後にお話しする際も、もちろん直属の上司である師長にお話しする際も、私の口から出た言葉は、いちに、申し訳ございませんにに、すみませんさんに、迷惑おかけしてごめんなさい。年度途中での退職ではあ…

今まさに

職場に退職願を出しにきました。慣れないことで、どうしていいか流れがわからないゆえ戸惑いが拭えません。職場にくるのにそうとうな気の重さがあって、、。まさか自分でも、今日ここまでつらいとはおもわず。本当にこの病院が嫌いになっちゃったんだなあ、…

仕事を辞めてきました。

「ごめんなさい…今日仕事できません」いつもどおりの出勤途中、旧友からの突然の電話で「もう辞めや。限界きてんで。今日休み。」言われて、ふとポロポロ涙が溢れてきた。まさかここまで自分が追い込まれてるなんて、思ってませんでした。これくらい、大人は…