読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一看護師の脱東京サマリー

数年看護師してました。さきほど、勇気を出しました。結果、自由になりました。

今まさに


職場に退職願を出しにきました。

慣れないことで、どうしていいか流れがわからないゆえ戸惑いが拭えません。





職場にくるのにそうとうな気の重さがあって、、。まさか自分でも、今日ここまでつらいとはおもわず。



本当にこの病院が嫌いになっちゃったんだなあ、と、寂しさも感じつつ、でもわたしは自分を守るしかないのです。






ふと思いました。



心療内科に行くことによって、憂鬱な気持ちや、自分の症状(わたしの場合は、年中蕁麻疹が消えない、頭痛や体重の著明な増減、生理不順や便秘、不眠、ある日突然職場にいく足取りが鉛のようになってしまったこと)などを、正当化あるいは否定せず聞いてもらい、診断をつけてもらえます。





それにより、骨折による全治二ヶ月などと同じくらい長い間、休職を要するかたちになります。





わたしは、正直心療内科に行くまで、気分の一時的な落ち込みだと信じて疑わなかったし、まさかこれが2ヶ月と判断される精神的なものだとも思いませんでした。





でも診断されたその直後から、

「わたしは病気なんだ」

という気持ちがぬぐえず、気分の落ち込み本来のものよりも、わたしは病気である、ということに向き合い出したように思います。





それがわたしは、余計に自分の気持ちを落ち込ませたし、

今日この職場まで行くのも、きっといつもと同じくらいの憂鬱さなのに、病気と診断されただけで何倍も憂鬱になるのです。





それが、なかなかの厄介だと思いました。





心療内科の先生は、優しく話を聞いていただいて、わたしのことをしっかり治してくださりそうなとても信頼できる方でした。





これからこの診断が、自分の人生において甘えのかたちで出てこないよう、肝に銘じないとと思っています。






では、退職願を提出しにいってきます。。